投資信託の基礎Top >  基準価額とは?

基準価額とは? / 投資信託の基礎知識

基準価額とは、投資信託の純資産総額を、
投資信託の口数で割ったもの・・・・・・

これを例をあげてみたいと思います。

Aさんは、基準価額10000円のときに投資信託を買いました。
さあ、分配の時期です。

運用の結果、基準価額は11000円にアップしていました。

そして分配金は、1500円出されました。

というわけで、分配金差し引き後の基準価額は、
11000円から分配金1500円を引いた残りである9500円となりました。
つまり、元本としては500円ダウン。

…この場合、分配金1500円にたいして
まるまる課税されるのではありません。

500円分は元本から支払っていることになりますから、
Aさんの純粋なもうけは1000円分ということになります。
この1000円分のみ、課税対象となるのです。

分配金を支払っても元本割れしていない、
元本が増えているという場合は、分配金すべてが課税対象となります。

投資信託の税金
関連エントリー
・投資信託の税金
・投資信託の優遇措置
・基準価額とは?
・分配金の課税対象
・分配金以外に掛かる税金