投資信託の基礎Top >  投資信託の優遇措置

投資信託の優遇措置 / 投資信託の基礎知識

2007年10月現在の時点では、
まだ優遇措置の期間中。

優遇期間中の税率は10%となっています。

現在のところ、とりあえず来年も引き続いての
優遇期間の延長が検討されていますが、
今後いつ本来の税率になるかは分かりませんので、
「あくまで基本の税率は20%」ということは理解しておいて下さい。

具体的にどこにかかってくるかというと、
まずは分配金です。

これは、単に分配金の金額そのもの×税率という負担ではなく、
基準価格も影響してきます。

まず、「基準価額とは、投資信託の純資産総額を、
投資信託の口数で割ったもの」であり、
「分配金は、純資産総額から引かれるため、
分配金を出すと純資産総額が減る=基準価額も下がる」
ということを頭に入れておいてください。

投資信託の税金
関連エントリー
・投資信託の税金
・投資信託の優遇措置
・基準価額とは?
・分配金の課税対象
・分配金以外に掛かる税金