投資信託の基礎Top >  分配金以外に掛かる税金

分配金以外に掛かる税金 / 投資信託の基礎知識

税金は分配金にだけかかってくるわけじゃありません。

とにかく「もうけ」にたいしてはシビアなのです。
あなたが投資信託を解約したとき、
売却価格から購入時の価格を差し引いて、
そこでプラスがあれば、これもしっかり課税対象となります。

たとえば購入時100万円で購入した投資信託が、
解約時に110万円になっていたとしたら、
その売却益10万円分が課税対象というわけです。

売却益がゼロ、あるいは売却損が出た場合は、課税されません。

ちなみにこの売却益も、
2007年10月現在は優遇税率10%となっていますが、
本来の税率はやはり20%です。

こちらも来年も引き続いての優遇期間延長が検討されていますが、
あくまで基本は20%ですよ。

投資信託の税金
関連エントリー
・投資信託の税金
・投資信託の優遇措置
・基準価額とは?
・分配金の課税対象
・分配金以外に掛かる税金