投資信託の基礎知識

不景気や円高がきつくなると、真っ先に注目されるのが外国為替証拠金取引(FX)となります。しかし他にも投資に関する商品は数多く存在しています。株式投資、外貨預金、個人向け国債、そして投資信託。当サイトでは投資信託の基礎知識について解説。FXと比較してみるのも面白いと思いますよ
投資信託の手数料について
投資信託を買う為の手数料はどうなっているのでしょうか? 投資信託って、定期預金などと違い、 こちらが「預ける」のではなく、その投資信託を 「お金を出して買う」ものです。 しかも買うときに、こっちはお客さんなのに、 手数料取られます(涙)。 投資信託購入時にとられる手数料というのは、 「販売手数料」。何でこんなものがとられるかというと、 販売会社が、その投資信託商品販売のための 宣伝などにかかったコストなどを回収するためです。 おまけにコイツには消費税がきっちりかかってきます。 たとえば、購入金額がきっちり100万円で、 販売手数料が3%の投資信託の場合、 購入金額のほかに税込み31500円もの手数料を 支払わないといけないわけです。
信託報酬の年率
信託報酬として取られる年率は 商品によってかなりの幅がありますが、 基本的には、運用により手間がかかるタイプの 投資信託が高くなります。 たとえば公社債投資信託よりも 株式投資信託の方が高いですし、 同じ株式投資信託であってもインデックス連動型より アクティブ型の方が高い、ということになります。 どの程度の負担になるのかというと、 公社債投資信託の信託報酬の場合年1%未満のものも多いですが、 株式投資信託でさらに積極運用をしているものになると、 年2%ほどになってくるものもあります。 2%ってバカになりませんよ。 そこらの定期預金の金利をはるかに上回るものですよね。 それを強制的に取られるんです^^; もちろん、投資信託の運用結果自体が まったくのプラスマイナスゼロだと、この信託報酬を引かれる分、 投資者にとっては赤字になってしまうということです。
パッと気が付かない負担
他にもなかなかパッと見では気づかない負担があります。 運用時の債権・株などの売買時に生じる手数料相当額や、 公認会計士に支払う信託財産の監査費用など。 これらも信託財産から知らないうちに引かれています。 つまり、投資信託の運用における負担はすべて、 投資家が負うことになっているわけです。 見た目にはいかにも有利な事が多いように見える 投資信託ですが、こういった手数料もある事を 十分に理解してから購入するかどうか? を検討するようにしましょう。